ネット代理店でお得に加入 キャッシュバックが高額

どうせならネットで契約?ネット代理店



それでは、インターネット上でフレッツ光の受け付けは出来ないのでしょうか?
いろいろ調べてみると、フレッツ光を行なっているNTT西日本、NTT東日本からも
直接インターネットで受付しているようです。


もう1つは、全国にあるフレッツ光のネット代理店。今回調べてみて初めて知った
のですが、条件が合えば結構お得で簡単のようです。


ネット代理店では、インターネット上でフレッツ光の契約が可能です。さらに、
その際にプロバイダも同時契約ができるとのことです。

オプション無しが普通? プロバイダも選べる



ネット代理店の面白いところは、基本的にオプションなしが普通というところです。
家電量販店のようにオプション加入しないとキャッシュバックやクーポンがもらえ
ないなんてこともないようです。


さらに、プロバイダが同時契約できて自由に選べるのも魅力的。価格や速度、
キャンペーンの内容にあわせて、プロバイダを選ぶことも出来ます。


もちろん、オプションつけたい人はつけるのもOKです。固定電話がないけど
電話回線を引かず、ひかり電話にするという人も多いそうです。たしかにそのほうが
固定電話を引くより安くなりますしね。



キャッシュバックは現金なのがうれしい!?



もう1つのメリットは、「キャッシュバックが現金」という点です。家電量販店
などは、その店でしか使えないクーポンやポイントの場合が多いので、本当に
欲しいものがない場合なんかは、使うのにちょっと困ってしまうことも。


キャッシュバック額もかなり高めで、オプション無しなのにオプションありの
家電量販店と比べても遜色ない額です。


例えば有名なネット代理店N'sカンパニーの場合、オプション無しのキャッシュ
バックはなんと現金で現金38,000円。現金は、翌々日に銀行振込で指定の口座に
振り込まれるそうです。


例えば、最安値のプロバイダSANNETを使えば、NTT東日本で戸建ての契約では、
プロバイダの料金が840円/月、フレッツ光が3,675円/月となり、月々4515円と
なります。


但し、契約期間は2年間となるのでご注意を。38,000円のキャッシュバックを
加味すると、なんと1月の実質負担額は、2,932円となります。この額はNTT
西日本の場合や、マンションの場合は変わってくるので、個別に確認が必要
とのことです。一般的にはNTT西日本の方が安いです。


ネット代理店、聞きなれないかもしれないけれど、今契約数も結構伸びている
みたいで、対応もとてもよかったです。もし、フレッツ光を考えられている
人は検討してみてはいかがでしょうか。


実は、早速私もこの条件で契約をお願いしました。今人気で工事や手続きが
立て込んでるみたいなのですが、今から開通が楽しみです。

どこで契約がオススメ?フレッツ光に加入するにはオプション必要?

フレッツ光を申し込むには?窓口は色々ある?



固定電話もいらないそうなので、フレッツ光への加入を本格的に検討中です。でも、一体
どこで契約するとお得なのでしょうか?


一番身近なのは、家電量販店でのフレッツ光キャンペーンですよね。先日行った家電量販店
でも、キャンペーンをやっていて、ずいぶんスタッフの人が来店した人にフレッツ光を
勧めてました。


詳しく聞いてみたところ、その家電量販店でっはフレッツ光にオプションなしで加入した
場合は20,000円のクーポンが、リモートサポート、ひかり電話などのオプションに
加入した場合は30,000円のクーポンがもらえるとのことでした。


オプション加入が落とし穴? 実はこれが構掛かる?



クーポンをもらうためにはオプション加入が必要。どうもこれ、他の家電量販店でも常識
のようです。でもこのオプション加入が意外と曲者なんです。


例えば、フレッツ光にはインターネットサービスの他に、色んなオプションをつけることが
できます。例えば、電話が使えるひかり電話の場合、月額使用料は基本プランで500円、
付加サービスが充実したプランや通話が多い人の場合は1,500〜3,900円のプランもあります。


さらに、映像サービスの場合は、フレッツテレビが650円/月、U-NEXTが1,990円/月、ひかり
TVで3,150円/月、TSUTAYA Strickで7,000円/月などがあります。


さらに、外出先でフレッツ光を使う秘湯には公衆無線LANサービスのフレッツ・スポットで
200円/月、フレッツおでかけパックで600〜1686円/月、光iフレーム2で500円/月、フレッツ・
ミルエネで200円/月があります。


さらに付加サービスとして、安心サポートもあり、リモートサポートサービスが500円/月、
フレッツ・ウイルスクリアが400円/月になります。


月々の固定費が上がっちゃう? 解約するのは結構大変



フレッツ光はNTT西日本、NTT東日本で料金体系が違います。さらに住んでいる住宅が戸建て
か、集合住宅かによっても変わってきます。


たとえば、NTT東日本の戸建ての場合、フレッツ光自体の料金は戸建の場合で実質4,400円/月、
となります。この額はインターネットの使用が比較的少ない場合には、フレッツ光ライトと
いう2段階定額プランもあります。


そこにオプションをつけるとなると、例えばひかり電話とひかりTVをつけた場合は、月額
使用料が8050円/月となり、オプションだけで月々3,650円も高くなってしまいます。


つまり、家電量販店で高額ポイントをもらうためには、月々の使用料が高くなるプランに
なってしまうということです。


お店の人に聞いてみると、オプションは一定期間を過ぎたら解約できるとのこと。でも、
その手続は自分でしないといけないし、「もう解約OKですよ!」みたいにお知らせしてくれる
わけではないそうです。


つまり自分で、期間を覚えておいて、解約の手続きは自分で書類を揃えて…となると
かなり面倒!実際、そのままオプションを解約せずに使い続ける人多いとのこと。


そう考えると、ポイントほしさに手間や月々の使用料が増えてしまうのは、ちょっと厳しい
かなーと思ってます。

固定電話は必要?フレッツ光の契約

フレッツ光に加入する時は、固定電話は必要?



回線速度を早くするためのフレッツ光への加入を考えています。最近は、動画を見る
機会が多くなり、今のままの回線では遅すぎるので、フレッツ光に加入しようかな
と思っています。


フレッツ光は、同じフレッツ光でも西日本と東日本で契約する会社が異なっています。
東日本は「NTT東日本」、西日本は「NTT西日本」と契約することになっています。


NTTに加入するということで、ちょっと不安なことがあるのですが、実は今、携帯電話
で事足りているので、家に固定電話を置いていない、つまり電話回線を引いていない
んです。


フレッツ光はNTTのサービスなので、フレッツ光に加入するには、別途固定電話の契約
も必要になるのでしょうか?もし必要ならば、ちょっと加入を考えてしまいます。
電話の加入権も必要になるし、回線の使用料も必要になるし、今よりも維持費がかなり
上がってしまうので。


フレッツ光に加入するのに、固定電話は必要なし!



フレッツ光のお客様窓口で確認してみると、フレッツ光に加入するためには、固定電話
は必要ないとのことでした。


フレッツ光はNTTの電話回線ではなく光ファイバーを使用しているので、固定電話は必要
ないとのことです。NTTのインターネットサービスで固定電話が必要なのは、ISDNのみ
だそうです。


じゃあ、電話を使いたい場合はどうするの?という単純な疑問が湧くのですが、その場合
はフレッツ光のサービスの「ひかり電話」が使えるそうです。これは殆どの機能は
普通の電話回線と同じように使えるフレッツ光のオプションになります。


ひかり電話は固定電話よりも基本料金が安く通話料も安いそうです。例えば基本料金が
固定電話は月1700円に対し、ひかり電話だと500円になります。


また、通話料は固定電話は電話のかける先の場所によって料金が変わるのに対し、
フレッツ光だと地域一律の価格になります。使用料にもよりますが、おおむね30〜80%
くらい安くなるようです。


フレッツ光に加入したいけど、一体どこで契約したらいいの?

固定電話については、今は携帯電話があれば全然問題ないので、今後も加入はしない
予定です。普通の家庭でも最近は固定電話を持たないところも増えているようですね。


というわけで、晴れてフレッツ光に契約を考えているのですが、一体どこで加入した
いいのか、正直ちょっと悩んでいます。


先日行った家電量販店でもフレッツ光のキャンペーンをやっていたんですが、ホントに
ここで契約していいのかとおもって、一旦横目で見てスルーして帰ってきちゃいました。


初期費用はもちろん、月々の使用料もできるだけ安く抑えたいと思っているので、色々
悩んじゃいますね。そのあたりのことをちょっと色々調べてみることにしました。

Return to page top