ホーム » 日記 » どこで契約がオススメ?フレッツ光に加入するにはオプション必要?

どこで契約がオススメ?フレッツ光に加入するにはオプション必要?

フレッツ光を申し込むには?窓口は色々ある?



固定電話もいらないそうなので、フレッツ光への加入を本格的に検討中です。でも、一体
どこで契約するとお得なのでしょうか?


一番身近なのは、家電量販店でのフレッツ光キャンペーンですよね。先日行った家電量販店
でも、キャンペーンをやっていて、ずいぶんスタッフの人が来店した人にフレッツ光を
勧めてました。


詳しく聞いてみたところ、その家電量販店でっはフレッツ光にオプションなしで加入した
場合は20,000円のクーポンが、リモートサポート、ひかり電話などのオプションに
加入した場合は30,000円のクーポンがもらえるとのことでした。


オプション加入が落とし穴? 実はこれが構掛かる?



クーポンをもらうためにはオプション加入が必要。どうもこれ、他の家電量販店でも常識
のようです。でもこのオプション加入が意外と曲者なんです。


例えば、フレッツ光にはインターネットサービスの他に、色んなオプションをつけることが
できます。例えば、電話が使えるひかり電話の場合、月額使用料は基本プランで500円、
付加サービスが充実したプランや通話が多い人の場合は1,500〜3,900円のプランもあります。


さらに、映像サービスの場合は、フレッツテレビが650円/月、U-NEXTが1,990円/月、ひかり
TVで3,150円/月、TSUTAYA Strickで7,000円/月などがあります。


さらに、外出先でフレッツ光を使う秘湯には公衆無線LANサービスのフレッツ・スポットで
200円/月、フレッツおでかけパックで600〜1686円/月、光iフレーム2で500円/月、フレッツ・
ミルエネで200円/月があります。


さらに付加サービスとして、安心サポートもあり、リモートサポートサービスが500円/月、
フレッツ・ウイルスクリアが400円/月になります。


月々の固定費が上がっちゃう? 解約するのは結構大変



フレッツ光はNTT西日本、NTT東日本で料金体系が違います。さらに住んでいる住宅が戸建て
か、集合住宅かによっても変わってきます。


たとえば、NTT東日本の戸建ての場合、フレッツ光自体の料金は戸建の場合で実質4,400円/月、
となります。この額はインターネットの使用が比較的少ない場合には、フレッツ光ライトと
いう2段階定額プランもあります。


そこにオプションをつけるとなると、例えばひかり電話とひかりTVをつけた場合は、月額
使用料が8050円/月となり、オプションだけで月々3,650円も高くなってしまいます。


つまり、家電量販店で高額ポイントをもらうためには、月々の使用料が高くなるプランに
なってしまうということです。


お店の人に聞いてみると、オプションは一定期間を過ぎたら解約できるとのこと。でも、
その手続は自分でしないといけないし、「もう解約OKですよ!」みたいにお知らせしてくれる
わけではないそうです。


つまり自分で、期間を覚えておいて、解約の手続きは自分で書類を揃えて…となると
かなり面倒!実際、そのままオプションを解約せずに使い続ける人多いとのこと。


そう考えると、ポイントほしさに手間や月々の使用料が増えてしまうのは、ちょっと厳しい
かなーと思ってます。

Return to page top